高血圧症【症状・原因・治療・改善】わかりやすく解説

高血圧症は色々な合併症を引き起こす怖い病気です。
初期段階では自覚症状が少なく、症状が出るころには動脈硬化が進行しているということも。

厚生労働省の調査によると、高血圧の治療を受ける国内患者は約797万人というデータが発表されています。日本人の死因2位の心疾患、3位の脳血管疾患と高血圧症は関係しており、日ごろの生活習慣の改善や予防対策がとても重要です。

高血圧症の症状

高血圧症特有の症状はなく、初期段階では自覚症状がありません。高血圧が続き動脈硬化が進んでくると、様々な症状が現れてきます。

肩こり、耳鳴り、頭痛、めまい、動悸、顔のほてり、吐き気、手足のしびれ

急激な血圧の上昇により、上記のような症状を感じることがあります。

高血圧はサイレント・キラー(沈黙の殺し屋)とも呼ばれる怖い病気です。
自覚症状がない病気だからこそ定期的な健康診断などが大切です。

高血圧症とは

高血圧とは、血液が血管の壁を押す力(圧力)が基準値より高くなる状態をいいます。
高血圧が続くことで血管に負担がかかり傷んでいくため、血管が柔軟性を失い動脈硬化を起こしてしまいます。

動脈硬化は血管が硬くなった状態をいいます。イメージとしては血管をゴムホースに変えて想像するとわかりやすいかもしれません。新しいゴムホースは柔軟性があり強く水が漏れることはありませんが、古くなってくるとホースが硬くなり水漏れや破裂の原因となります。

血管の壁に高い圧力がかかる高血圧は、血管を硬化させ、生活習慣や食生活の悪化からプラーク(コレステロールのかたまり)などが発生してきます。

高血圧の改善と食事

高血圧症には、原因が特定できない本態性高血圧症(一次性高血圧)原因が特定できる続発性高血圧(二次高血圧)の2つのタイプがあります。日本人の約9割が本態性高血圧症です。

本態性高血圧症(一次性高血圧)は、遺伝的要因にプラスして生活習慣(食生活・運動不足・酒・たタバコ)やストレスなどの負担から高血圧が起こるとされています。

続発性高血圧(二次性高血圧)は、なにかしらの病気がきっかけで起こる高血圧症です。一次性高血圧とは違い原因が特定できるため、まずは特定した病気の治療から行います。腎臓の病気から起こる二次性高血圧の腎性高血圧は注意が必要で、高血圧になることで更に腎臓への負担が増し悪循環となります。

高血圧が怖いのは症状がなく気付かないうちに進行していきやすく、様々な合併症を引き起こしていくことです。高血圧にどのような合併症があるのか見ていきましょう。

高血圧が引き起こす合併症
  • 脳出血
  • 脳梗塞
  • くも膜下出血
  • 心筋梗塞
  • 狭心症
  • 高血圧性心肥大
  • うっ血性心不全
  • 眼底網膜病変
  • 腎硬化症
  • 腎不全
  • 大動脈瘤

高血圧の初期段階では自覚症状がないため、定期的な健康診断や自宅で血圧を測る習慣をつけることが大切です。

血圧の正常値と異常値

家庭用の血圧計で測った場合の正常な血圧値は、上が135mmHg未満で下が85mmHg未満を目安にします。血圧の上が140mmHg以上、下が90mmHg以上の場合は、内科や循環器科を受診することおすすめします。

高血圧症の原因

高血圧症患者の約9割が本態性高血圧(一次性高血圧)ですが、原因が特定できないものの研究により遺伝子や生活習慣などが関係していることが明らかとなってきています。

高血圧の原因

遺伝的素因には両親が高血圧の場合は60%、片方の親だけ高血圧の場合は30%、両親ともに高血圧でない場合5%の確率で高血圧になる可能性があります。生活習慣の影響もうけるため、塩分過剰摂取、タバコ、アルコール、肥満、運動不足、ストレスなど生活習慣の改善がとても大切です。

高血圧から動脈硬化を起こし血管が硬くなります。
悪い生活習慣を繰り返していると血管の壁にプラーク(コレステロールのかたまりなど)が発生して、下図のように血液の流れが悪くなります。

高血圧症の原因

血液の流れが悪くなるとさらに血液を流そうとする圧力が高くなるため、血管に負担がかかり悪循環に陥ります。このような状況が脳や心臓、腎臓などで起こり始めると怖い合併症を引き起こします。

定期検診や家庭で血圧計を使い測るなど、早めに高血圧を発見をして対策や治療をしていく必要があります。

高血圧症の治療

病院で高血圧を受診する場合は、内科もしくは循環器科になります。

高血圧治療で重要なのは生活習慣の改善です。
食生活の改善から運動、そしてお酒やたばこをやめることです。

高血圧の食事については、こちらで詳しく解説→

食事は野菜をバランスよく摂取し、揚げ物など油料理を控え、食塩は1日6g未満に摂取量を制限していきます。

運動は有酸素運動を中心に30分~1時間を目安に継続することが大切です。運動をすることで血液が流れやすくなり、運動不足や肥満解消につながり血圧が下がりやすくなってきます。

まずは生活習慣の改善で血圧が正常値にもどり維持できることが理想ですが、血圧がそれでも下がらない場合は降圧薬治療になります。降圧薬治療の場合は、病院で医師から処方してもらう必要があり、ドラッグストアーなど市販薬としては販売されていません。

最初に処方される降圧剤
カルシウム拮抗薬、アンジオテンシン変換酵素阻害薬、アンジオテンシンII受容体拮抗薬、利尿剤、α1(アルファワン)遮断薬、β(ベータ)遮断薬。

高血圧の予防と改善

高血圧の改善や予防に大切なことは、上の治療でも説明しましたが生活習慣の改善です。

高血圧の改善と予防
  • 運動療法
  • 食事療法
  • お酒やタバコ
  • 十分な睡眠
  • 入浴

【高血圧を予防・改善する運動療法】
高血圧(Ⅱ度以下)の場合は、激しい運動ではなくウォーキングや速歩き、水中歩行などの有酸素運動が効果的です。時間としては30分~1時間くらいを目安に継続することが大切です。日頃運動をしていない方は、はじめから無理をするのではなく徐々に身体を慣らしていきましょう。

【高血圧を予防・改善する食事療法】
1日の塩分摂取量の目安は、高血圧の方は1日6g未満、健康な方で1日8g未満(厚生労働省推奨)。米国で公開されたガイドラインでは、理想の塩分摂取量は1日3.8gとされています。

血圧を上げない食事として「DASH食」が米国で考案され、日本高血圧学会のガイドラインにも掲載されています。
DASH食は、塩分、甘味類、肉類を控え、野菜、魚類、果物、イモ類、豆類、ナッツ類、全粒穀物、低脂肪牛乳、ヨーグルト、シリアルなどを中心にした食事を推奨しています。DASH食+減塩を組み合わせることで、血圧を下げる効果があります。

【お酒やタバコ】

適量であればお酒は、血行促進や善玉コレステロールを増やすため良いとされています。お酒適量の目安としては、ビール中ビン1本程度、日本酒1合程度、ワイングラス1杯程度。過度な飲酒は大きな負担がかかるため注意が必要です。
タバコについては1つも良いところがないので、今すぐ禁煙をお勧めします。

【睡眠】
睡眠中は血圧が低くなり、傷んだ血管を修復してくれます。十分な睡眠をとることが健康維持に必要です。睡眠中は汗などにより多くの水分が失われるため、コップ1杯の水を飲んで寝ることで脳出血や脳梗塞のリスクが減ります。

【入浴】
お風呂は40度前後で5分~10分を目安に入浴します。熱すぎる風呂や水風呂は危険なのでやめましょう。冬場の脱衣所や浴室など急激な温度変化がある場合は、温めてできるかぎり急激な温度変化をなくすことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA