血液をサラサラにして、血管を若返らせる驚きの食材とは?血圧低下、動脈硬化予防、美容効果、認知症予防、アレルギー改善

人間の身体は血管が張り巡らされ、その長さは約9万キロ(地球2周半)になるそうです。
血液の量は、個人差はありますが体重の約8%、2リットルのペットボトル3600本分と言われています。

血液は酸素や栄養を全身に運び、血管はその血液の通り道となる重要な役割をしています。

この人間にとって重要な役割をしている血液と血管ですが、年齢を重ねるごとに血液はドロドロ、血管はボロボロになっていくのですが、その原因は、毎日の食事や生活習慣、ストレスなど様々なものが影響しています。

血液ドロドロ、血管ボロボロ

厚生労働省の発表では、日本人の死因として、第1が癌、第2位が心疾患、第3位が脳血管疾患で血液や血管にまつわる病気が上位を占めています。
出典:日本人の死因

血液をサラサラにして、血管に柔軟性を取り戻して若返らせることは、病気の予防や改善へとつながり、血圧低下、動脈硬化を予防・改善、老化防止、美容効果、脳の活性化など数多くのメリットがあります。

ネットを検索すると数多くの情報が飛び交い、科学的根拠のない食材やサプリまで血液をサラサラにすると紹介されていたりします。偽の情報に惑わされないためにも、科学的根拠のあるオススメの食べ物をご紹介します。

血液をサラサラにして、血管を若返らせる食べ物とは?

あなたのドロドロになった血液やボロボロになった血管を予防・改善してくれる驚きの食材

それはココアとダークチョコレートです。

ココアとダークチョコレートに含まれるカカオポリフェノールのフラボノイドやフラバノールは、世界中で注目されている成分となっています。

例えば、ハーバード大学の研究を紹介させて頂くと、パナマのクナ族はココアの摂取量が非常に多く、ココアとフラボノイドの影響を調査した結果、ココアを飲まない人と比較してココアを飲むクナ族の住民は、癌や心臓病の率が有意に低いことが明らかになっています。

そして、アメリカの医学専門誌であるArchives of Internal Medicineで、ココアとお茶の摂取が血圧に及ぼす研究報告が紹介されました。
その内容は、173人を対象に2週間、ココアを摂取させたところ血圧を下げる可能性を示し、ココア抽出物は一酸化窒素の内皮産生を増加させることで、動脈血管拡張を引き起こすことが示されました。

更にカカオポリフェノールの魅力はこれだけでなく

デュッセルドルフ大学等の研究報告では、100名の男女、年齢は35歳~56歳を対象に、期間は1か月間、1日に450mgのココアフラバノールを摂取するグループと摂取しないグループに分けました。
するとココアフラバノールを摂取したグループでは、心疾患のリスクスコアが22%減少、血流が21%アップするという驚愕の結果になっています。

英国バーミンガム大学の研究報告では、18歳から40歳を対象にココアを飲む前と後の脳の活動変化について研究しています。その結果、ココアを飲んだ後の認知テストで約11%早く解答することができ、ココアに含まれるフラバノールが血液中の酸素濃度を増加させ、脳内の活動を活性化させることがわかったと報告しています。

日本でもカカオポリフェノールの研究がすすめられており、チョコレートやココアに含まれるカカオポリフェノールが、活性酸素を抑え、脳細胞を増やすために必要となるBDNF(脳由来神経栄養因子)が有意に上昇することがわかってきています。
ダークチョコやココアを摂取することで、脳血流量が増え、脳内BDNFを上昇させ、認知症予防などの可能性が報告されています。

▼参考文献
https://rdcu.be/cbO9F
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/26348767/
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/14640573/
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/16572598/
https://jamanetwork.com/journals/jamainternalmedicine/fullarticle/167/7/626
https://www.meiji.co.jp/chocohealthlife/relation/brain/

血液サラサラ・血管をよみがえらせるポリフェノールのパワー

カカオポリフェノールに含まれるフラボノイドやフラバノールの研究でわかってきたことは

血圧低下作用

血圧上昇の原因の1つとして、血管壁の炎症により血管が狭くなり血圧が上がります。
カカオポリフェノールは、炎症を抑え血管を拡張させる作用があることが研究からわかってきています。

動脈硬化の予防効果

血管が柔軟性を失い硬くなってしまう動脈硬化の原因は、活性酸素がLDL(悪玉コレステロール)を酸化させることで、血管を傷つけボロボロにしてしまうからです。
カカオポリフェノールを摂取することにより、血中の善玉コレステロールを増加させ、抗酸化作用でカラダのさびといわれる酸化を防ぎます。

脳の活性化・認知症予防

カカオポリフェノールを摂取することで、血液を流れを良くして、脳内BDNFを上昇させることで認知症予防などの可能性が研究により報告されています。

アレルギー改善

細菌やウィルスから身体を守ってくれているのが免疫機能ですが、この免疫機能が過剰に働き過ぎてしまうとアレルギー症状が出ます。
カカオポリフェノールは、抗アレルギー効果を示すことが研究からわかってきており、アレルギーの軽減や予防の効果が期待されています。

他には、便秘改善、冷え性改善、肥満予防、ストレス抑制など、カカオポリフェノールには数多くのメリットがあり、世界中で現在も研究が進められています。

まとめ

ココアやダークチョコレートを摂取することで、様々な病気を予防できることが研究結果からわかってきています。

効率よくカカオポリフェノールを摂取するために、糖分の多いミルクチョコレートや調整ココアは避け、純度の高いダークチョコレートや純ココアなどを摂取するようにしましょう。

年齢を重ねてくると、どうしても体は衰えいろいろな場所に支障が出てきます。本当に効果があるのかわからないような食材やサプリを試すよりも、科学的に証明された食材を摂取して、衰えていく身体をメンテナンスしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA