記憶力と集中力を高めて脳を活性化する飲み物とは?

誰でも明日からすぐに実践できる、脳を活性化する飲み物をご紹介します。

短時間で脳を活性化することで、テストなどの試験で有利な結果を残せるのはもちろん、勉強をする前や、プレゼンをする前などにも効果的な方法です。知っているか知らないかで人生すら変わってしまうかもしれません。

脳のパフォーマンスを最大限に引き出す飲み物とは?

それは、水です。

えっ・・・水?と思われる方もいるかもしれませんが、実は水が集中力や記憶力を向上させるという驚きの研究結果が報告されています。

水が脳に与える影響

人間のカラダの約60%は水分が占めていて、脳については約80%が水分だといわれてます。

厚生労働省の発表では、
心筋梗塞や脳梗塞になる要因の一つとして、水分摂取不足を指摘しています。そして身体の水分量が減っていくことで、様々な症状が出てきてしまいます。

水分5%失うと、脱水症状や熱中症になり、
水分10%失うと、筋肉痙攣、循環不全になり、
水分20%失うと、死んでしまうそうです。

▼参考文献
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/topics/bukyoku/kenkou/suido/nomou/index.html

知的能力と身体能力をアップさせる飲み物

水の研究結果

水を飲むだけで知的能力や身体能力が、本当に上がるのでしょうか?

そこで、水をどのタイミングで、どれくらいの量を飲めば、どのような効果があるのかについて、詳しく研究した内容が、科学誌『Frontiers in Human Neuroscience』に掲載されていましたので紹介していきます。

イーストロンドン大学とウェストミンスター大学の研究では、500mlの水を飲むだけで、身体能力や知的能力がアップすると発表しています。

34人を対象に2つのグループに分け、前の晩から水分補給をせずに一晩過ごします。
朝の知的作業前に、シリアルバー1本と水を飲むグループ、シリアルバー1本と水を飲まないグループに分けたところ、水を飲んだグループでは脳の反応速度が14%ほど速くなり、集中力や記憶力など脳のパフォーマンスがアップしていることが研究からわかっています。

他には、ウェストミンスター大学の研究で、「水分摂取をした後の脳の影響」について調べています。

具体的な内容としては、男女114名を対象に、3つのグループに分けて集中力、記憶力などが水分を摂取するグループと摂取しないグループで、どのように脳に影響するかを調査。
1つ目のグループは、25mlの水を飲む
2つ目のグループは、300mlの水を飲む
3つ目のグループは、水を飲まない

開始してから20分後の脳への影響はというと、
25mlの水を飲んだグループは、集中力が12%アップ記憶力は2%アップ
300mlの水を飲んだグループは、集中力が23%アップ記憶力が6%アップ
水を飲まなかったグループは、集中力と記憶力が1%ダウン
という驚く結果になっています。

こういった研究結果からも、勉強するときや試験など脳のパフォーマンス(集中力や記憶力)を高めたいときには、20分前から喉が渇いていなくても適切な量の水分補給をしておくことが大切だということがわかります。

▼参考文献
https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fnhum.2013.00363/full
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/27825957/

まとめ

水を飲むことで脳を活性化させたり、代謝アップやデトックス効果など様々なメリットがあります。


欧米の研究によると、1日に摂取する水の量の目安としては、生活活動レベルが低い人で1日2.3~2.5リットル、生活活動レベルが高い人で1日3.3~3.5リットル程度といわれています。厚生労働省では1日2.5リットルを推奨しています。人間の1日の水分排出量としては、尿や便で1.6リットル、汗や呼吸で0.9リットル。

睡眠中には300~500mlの水分を失うといわれていますので、
寝る前と寝起きの水分補給はとても重要となり、適切な水分摂取は1日のパフォーマンスを大きく変化させます。

朝から「だるい」「眠気が取れない」「やる気が出ない」といったときには、寝起きに300ml~500mlの水を補給することで、脳の活性化や身体能力アップであなたの1日のパフォーマンスは向上するはずです。

私たちの日常は脳に負担をかけることばかりです。過度な仕事、人間関係、悩み事、睡眠不足などは、脳にストレスを与え、これが長期間続いてしまうと脳の働きが低下したり、肥満、認知症、うつ病の原因になることもあります。

十分な水分補給をして、脳を休ませる時間を作るのも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA